撮影:肖藝凡

劇団不労社

2015年に代表の西田悠哉が大阪大学を母体に旗揚げ、以後大阪をはじめ関西を拠点に活動。

虚構と現実の間、条理と不条理の間、センスとナンセンスの間、笑いと恐怖の間、クールとシュールの間、冷静と情熱の間をかいくぐりつつ、ニッチな需要を探る隙間産業式零細劇団。

現代口語演劇やコント、ホラー映画などを参照軸として、リアリティを操作しながら日常的光景から超現実的次元へと物語をスライドさせ、その裂け目から覗いて見える歪な人間模様を滑稽かつグロテスクに描く作品づくりを行う。

近年は「集団暴力シリーズ」と銘打ち、ムラ社会的な閉鎖コミュニティを舞台に、共同体に内在する暴力性への考察を試みる。

「應典院舞台芸術祭Space×Drama×Next2018(SDN2018)」優秀団体ほか脚本・演出賞など受賞。

「令和3年度 次世代応援企画 break a leg」選出。

「KAVC FLAG COMPANY 2021-2022」選出。

「関西演劇祭2021」にてベスト演出賞(西田悠哉)、アクター賞(荷車ケンシロウ)受賞。

2022年度よりアートコミュニティスペースKAIKA アソシエイトカンパニー。

上演歴

《本公演》

2015年3月
旗揚げ東西合同公演『下北スモーキンブルース』作・演出:西田悠哉
会場:ステージカフェ下北沢亭(東京)

2016年3月
第二回名作戯曲公演『熱海殺人事件~ザ・ロンゲスト・スプリング~』作:つかこうへい、演出:西田悠哉
会場:大阪大学学生会館2階大集会室(大阪)

2017年2月
第三回公演『生きてんだか死んでんだか』作・演出:西田悠哉
会場:ウイングフィールド(大阪)

2018年3月
第四回公演『ユノワセイ〜世界はお前を中心に回ってない!〜作・演出:西田悠哉
会場:イロリムラ プチホール(大阪)

2019年1月
應典院舞台芸術祭SDN2018参加
第五回公演『忘れちまった生きものが、』作・演出:西田悠哉
会場:浄土宗應典院 本堂(大阪)
◆優秀劇団ほか演出賞・脚本賞(西田悠哉)、俳優賞(むらた・永淵ほか)、宣伝美術賞(永淵)など受賞

2020年1月
第六回公演『マッチ売りの少女』:別役実、演出:西田悠哉
会場:studio seedbox(京都)

2021年7月
令和3年度次世代応援企画break a leg参加
第八回公演『畜生たちの楽園』作・演出:西田悠哉
会場:AI・HALL(兵庫)

※KAVC FLAG COMPANY参加作品 第七回公演『BLOW & JOB』(作・演出:西田悠哉)は新型コロナウイルス感染拡大を受け2度にわたり延期

《外部参加作品》

2021年11~12月放送
ABCテレビ「THE GREATEST SHOW NEN」
第九回公演『霊霊-たまたま-』

作・演出:西田悠哉
◆客演として荷車ケンシロウ、むらたちあきが参加。

2021年11月
関西演劇祭2021参加作品
『生電波』
作・演出:西田悠哉
会場:COOL JAPAN PARK OSAKA SSホール
◆ベスト演出賞(西田悠哉)、アクター賞(荷車ケンシロウ)受賞

2021年12月
大阪文化芸術支援プログラム
「STATION TO STATION~あなたの駅のものがたり~」参加作品『鉄人』

作・演出:西田悠哉
会場:ABCホール

過去公演ダイジェスト映像